java入門 第15回 import文とパッケージ

第15回のポイント

import文

あらかじめ用意されたクラスを利用するために宣言します

ソースファイルの分割

1つのファイルに複数クラスを記述することもできますし、1つのファイルに1つのクラスを記述して保存することもできます

パッケージ 機能

グループごとにパッケージに分けることができます パッケージも階層化できます
パッケージ=フォルダと考えましょう

googleドライブ上にこの講座のプログラムコード、スライドデータを置いています。 https://drive.google.com/folderview?id=0B7jeGhcD18UYM0JtUG8xQm1CeU0&usp=sharing 

以下は実際にビデオの中で作成したプログラムです。

import ca.*;
import cb.*;
import cb.cc.*;

public class Study15 {
 public static void main(String[] args) {
  Classa a = new Classa();
  Classb b = new Classb();
  classc c = new classc();
  a.show();
  b.show();
  c.show();
 }

}

//------------------------------------------------
//classaクラス
package ca;

public class Classa {
 public void show(){
  System.out.println("classa");
 }
}

//-------------------------------------------------
//classbクラス
package cb;

public class Classb {
 public void show(){
  System.out.println("classb");
 }
}

//------------------------------------------------
//classcクラス
package cb.cc;
public class classc {
 public void show(){
  System.out.println("classc");
 }
}