java入門 第4回 条件判断をマスターしよう


第4回のポイント

よく使う条件演算子

a == b aとbが等しい a != b aとbが等しくない
a > b aはbより大きい a < b aはbより小さい
a >=b aはb以上 a <= b aはb以下
(a == 1) && (b == 1) aは1でかつbは1  (a == 1) && (b == 1) aは1またはbは1 

条件演算子の判定結果 

結果はtrueかfalseの2種類だけ
true 正しい、真 false 正しくない、偽

文法エラーと論理エラー 

文法エラー プログラムの記述ルールに沿わずに書いた場合、コンパイルができない。
論理エラー 本来期待する結果がでない。
10を2回掛け算して100という結果を出すべきところを
10を2回足し算して20という結果が出てしまう


googleドライブ上にこの講座のプログラムコード、スライドデータを置いています。
https://drive.google.com/folderview?id=0B7jeGhcD18UYM0JtUG8xQm1CeU0&usp=sharing

以下は実際にビデオの中で作成したプログラムです。

public class Study04 {
 public static void main(String args[]){
   //aが5未満かどうか判断します
     int a = 0;
     
     if(a < 5)  
     {
         System.out.println("a=5未満です¥n");
         if(a % 2 == 0)  //aが偶数かどうか  %は剰余(余り)を出す演算子
         {
             System.out.println("aは偶数です¥n");
         }
         else
         {
             System.out.println("aは奇数です¥n"); 
         }
     }    //aが0か1か判断します
     switch (a) {
         case 0:
             System.out.println("aは0です¥n");
             break;
         case 1:
             System.out.println("aは1です¥n");
         default:
             System.out.println("aは0でも1でもありません¥n");
             break;
     }
  
 }
}