java入門 第3回 ループをマスターしよう

第3回のポイント

 人間とコンピュータの決定的な違い 

・人間→計算をまちがえる。同じ事を繰り返していくうちに作業の精度が落ちる。
・コンピュータ→絶対に計算は間違えない。同じ事を繰り返しても作業の精度は変わらない。人間よりもはるかに高速に計算できる。

 ループ(繰り返し)

 javaでは3種類のループの書き方があります
while文
do while文
for文

よく使う条件演算子 

a == b aとbが等しい  a != b aとbが等しくない
a > b aはbより大きい a < b aはbより小さい
a >=b aはb以上 a <= b aはb以下
 (a == 1) && (b == 1) aは1でかつbは1
 (a == 1) || (b == 1) aは1またはbは1

条件演算子の判定結果 

結果はtrueかfalseの2種類だけ
true 正しい、真
false 正しくない、偽

googleドライブ上にこの講座のプログラムコード、スライドデータを置いています。
https://drive.google.com/folderview?id=0B7jeGhcD18UYM0JtUG8xQm1CeU0&usp=sharing

以下は実際にビデオの中で作成したプログラムです。

public class Study03 {
 public static void main(String args[]){
     //1〜10をループを使って合計します。
     //while文でのループ
     int goukei = 0;
     int c = 1;
     while(c <= 10){
         goukei = goukei + c;
         c++;
     }   
     System.out.println("合計値は:"+goukei+"¥n");
     //do while文でのループ
     goukei = 0;
     c = 1;
     do {
         goukei = goukei + c;
         c++ ;
     } while (c <= 10);
     System.out.println("合計値は:"+goukei+"¥n");
     //for文でのループ
     goukei = 0;
     for (c=1; c<=10; c++) {
         goukei = goukei + c;
     }
     System.out.println("合計値は:"+goukei+"¥n");
 }
}