C言語入門 第3回 ループをマスターしよう


第3回のポイント

whileループ
前判定型ループといわれ、ループの中の処理が1度も実行されないこともあるのが特徴のループです。
while(継続条件){
    処理
}

do〜whileループ

後判定型ループといわれ、ループの中の処理を最低一度は実行されるのが特徴のループです。
do{
    処理
}while(継続条件);

forループ

ループにおける添字の初期値や継続条件、添字の変化すべてを()の中にひとまとめに掛けるループ文です。
for(int i = 0 ; i < 10 ; i++){
    処理
}
加算用の添字 iを宣言し、0からスタートして、ループの終わりの}に達した時点でiを1加算して、iが10未満の間iを1づつ加算します。

よく使う比較演算子

 演算子機能 
 >a>b
aはbより大きい 
 >=a>=b
aはb以上 
a<b
aはbより小さい 
<= a<=b
aはb以下 
 ==a==b
aとbは等しい 
!= a!=b
aとbは等しくない 
 &&(a>b) && (a>c)
a>b でかつ a>c 
 ||(a>b) || (a>c)
a>b または a>c 
比較の結果は
 true (真、正しい)
 false (偽,正しくない)
この2つのうちのどちらかになります。

googleドライブ上にこの講座のプログラムコード、スライドデータを置いています。
https://drive.google.com/folderview?id=0B7jeGhcD18UYZjlDalQwRGpVLWM&usp=sharing

以下はビデオで作成したプログラムコードです。

//Study03.c
#include <stdio.h> 
int main (int argc, const char * argv[])
{
    //1〜10をループを使って合計します。
    //while文でのループ
    int goukei = 0;
    int c = 1;
    while(c <= 10){
        goukei = goukei + c;
        c++;
    }   
    printf("合計値は:%d\n",goukei);
    //do while文でのループ
    goukei = 0;
    c = 1;
    do {
        goukei = goukei + c;
        c++ ;
    } while (c <= 10);
    printf("合計値は:%d\n",goukei);
    //for文でのループ
    goukei = 0;
    for (c=1; c<=10; c++) {
        goukei = goukei + c;
    }
    printf("合計値は:%d\n",goukei);
    return 0;
}