C言語入門 第2回 コーディングのお作法と変数


第2回のポイント 

プログラムを書くポイント
自分が見ても、他人が見てもわかりやすく、何をしているかが分かるプログラムを心がけましょう。  Tabをうまく使って見やすくしたり、コメント(注釈を入れて)わかりやすくしましょう。

 C言語のルール

 C言語のプログラムはmain関数から始まり、{ }←の括弧で囲まれた部分にコードを書きます。  一つの命令ごとに ; (セミコロン)を付けます。初めのうちは、付け忘れることが多いので要注意。  コメント(注釈)はコンパイラは処理しません。人間がコードの内容を理解するためなどに、  メモのように付け加える物です。  //と書けば、その行がコメントに、/*  */ と書けば、複数行にわたり、コメントにすることができます。

 変数と演算子  

コンピュータのプログラムはCPU(中央処理装置)とメモリ(記憶装置)の間でデータをやり取りしながら処理をしていきます。変数とは、メモリの中に一時的に情報を置いておき、計算をしたりするための「箱」のような物です。変(変わる)数(かず)といっても、数だけでなく、文字も入ります。C言語では、char,int,long,float,doubleといった、型(かた)の変数があり、格納するデータの大きさに応じて使い分けますが、詳細については、第7回で解説しています。 

int a=5;//aに5を代入
a=a+5;//aに5を足したものをaに代入 a=10となります。

よく使う演算子(一部)

 演算子 機能
 + 足し算
 - 引き算
 * 掛け算
 / 割り算
 % 剰余(割り算をした時の余り
 = 代入(右辺の値を左辺に代入)
a=2+5;
aに2+5の結果を代入
 ++ インクリメンタル演算子
a++;
a=a+1と同じ意味
 --デクリメンタル演算子
a--;
a=a-1と同じ意味 
 +=a+=4;
a=a+4と同じ意味 
 -=a-=3;
a=a-3と同じ意味

googleドライブ上にこの講座のプログラムコード、スライドデータを置いています。
https://drive.google.com/folderview?id=0B7jeGhcD18UYZjlDalQwRGpVLWM&usp=sharing
以下はビデオで作成したプログラムコードです。
//Study02-1.c
#include <stdio.h> 
int main (int argc, const char * argv[])
{
    //画面にHello, Worldと表示します。←この1行がコメント
    printf("Hello, World!\n");
    //画面にプログラム終了と表示します。
    printf("プログラム終了\n");
    /* コメントの始まり
     通常 \は日本語のプログラム開発環境では
      \nのところを¥nと記述します。 \は alt+¥ で表示できます。
     ↓ここでコメントが終わり
     */
    return 0;
}

//Study02-2.c
#include <stdio.h> 

int main (int argc, const char * argv[])
{
    int a;
    int b;
    int c;
    a=2;
    b=3;
    c=a+b;
    printf("a+bは%d\n",c);
    return 0;
}